CONCEPT

制作へのこだわり

制作へのこだわり

  • 隙間なくダイアモンドを敷き詰める
  • ダイアモンドの高さ、向きを揃える
  • 六角形に裏取りする

パヴェのジュエリー パヴェのジュエリーは、デザインの中の限られた空間を輝きで満たすために、隙間なくダイアモンドを敷き詰め、ジュエリー全体からの輝きが最も映えるようにしています。
※パヴェとは、フランス語で「石畳」の意味で、ダイアモンドを敷き詰めてセッティングした技法です。輝きを損なわせることがないよう、ダイアモンドとダイアモンドのほんの僅かなスペースに爪を起こしてセットしており、更に爪を小さく低く仕上げています。そのため洋服などを傷めることなく安心して着けていただけます。

ダイアモンドの高さ、向きを揃えてセッティング ・デザインに合わせて、ダイアモンドの高さ、向きを揃えてセッティングしているため、流れるような整然とした美しい煌きを生み出すことができます。

繊細なハニカム(蜂の巣)構造 ・デザインに合わせて、ダイアモンドの高さ、向きを揃えてセッティングしているため、流れるような整然とした美しい煌きを生み出すことができます。パヴェセッティングの裏取りは繊細なハニカム(蜂の巣)構造です。
六角形に裏取りすることにより、軽量化かつ十分な強度を得ることが出来ますので、軽い着け心地の良さを感じていただけます。